Himself a housewife

普通の主婦が日々のこと(お出かけやショッピング、料理や日常のことなど)をマイペースに書いてます♪

南イタリアへの旅 カプリ島~ナポリ編

南イタリアの旅3日目。

今日の予定は、カプリ島に遊びに行った後、ソレントの街からナポリへ戻ります。

朝から快晴!見晴らしのよいテラス席で朝食を食べ、いざ出発!

f:id:syhuniti111:20170822193842j:plain

 

ソレントの港からカプリ島行きのフェリーに乗ります。

f:id:syhuniti111:20170822193950j:plain

20分ほどでカプリ島に到着。

すぐにボートで島の周りを巡るツアーに申し込みます。

このツアーには、青の洞窟へ入るコースが含まれています。

実は、20年ほど前に青の洞窟ツアーに参加したのですが、潮の満ち引きの関係で入ることができませんでした。

今日は私の誕生日、20年越しの願いが叶うと自信満々で臨みましたが、なんと今回も撃沈でした😢

洞窟の入り口だけパチリ。

f:id:syhuniti111:20170822194402j:plain

 

気を取り直して、船上からの景色を存分に楽しむことに。

景観の美しさと、全身で受ける風の心地よさにすぐにメンタルは上向きになります。

f:id:syhuniti111:20170822194505j:plain

f:id:syhuniti111:20170822194552j:plain

f:id:syhuniti111:20170822194642j:plain

1時間40分の予定が1時間ほどでツアーは終了となりました。

島内を少し散策し、ソレントへ戻ります。

 

ソレントの街で遅い昼食を食べました。

パスタは魚介のスープを存分に含み、鼻腔までエビやオマールエビの風味を楽しめます。

ピザももちろん石窯で焼いていました。トマトソースが絶妙です。

f:id:syhuniti111:20170822194817j:plain

あー、イタリアは本当にお料理のレベルが高いです。

ソレントの街を後にし、フェリーでナポリに向かいます。

さようなら、ソレント。もっとあなたを知りたかったよ💛

f:id:syhuniti111:20170822195545j:plain

 

ナポリに到着したのは夕方でした。ホテルへチェックイン後、すぐに街へ繰り出し、

ふと気付けば買い物したのは夫だけ。私の誕生日なのに!

夕食は私のリクエストで、口コミの評価が高いピザ屋さんへ。

夫は誕生日にピザ?というけれど、ナポリと言えばピザでしょう、と押し切りました。

けれど、ふたを開けてみるとそのピザ店がなくなっていました😢😢😢

そこで、第二候補のピザ店へ。店内では12歳になる男の子の誕生日のお祝いをしている総勢20名のファミリーが居ました。近くのテーブルに着いたので、一緒にhappy birthdayを歌い拍手をしていると、ケーキのおすそ分けをくださいました

f:id:syhuniti111:20170822201348j:plain

 

「私も誕生日なの、歳は秘密だけど」というと、もう一度みんなで歌ってくれました。

ますます、イタリアが好きになった一夜でした。

 

 

南イタリアへの旅 ロンドン~ソレント~アマルフィ編

南イタリアへの旅二日目。ロンドンからナポリへ向け出発です。

出発日直前にイタリア行きを決めたため、エアーが取れず、遠回りな空の旅となり、

東京→ London→ Zurich→ Naplesという空路を辿ります。

早朝の6時のフライトのため、ホテルから空港までのシャトルバスや地下鉄は運行しておらず、タクシーで向かいます。

空港直結のホテルと謳っているので、約3000円のタクシー代が高く感じます💦

Heathrow空港に到着したのは4時半過ぎ、空はまだ暗く、搭乗ゲートも決まっていない!ラウンジも5時まで待たないと利用できません。

f:id:syhuniti111:20170821234654j:plain

f:id:syhuniti111:20170821234745j:plain

搭乗開始時間になりようやく朝焼けが見られました。

f:id:syhuniti111:20170821234839j:plain

 

機内での朝ごはん。

f:id:syhuniti111:20170821234945j:plain

Zurichが近づくにつれ、アルプスの美しい山々が姿を現します。

f:id:syhuniti111:20170821235544j:plain

 

Zurichまでは1時間40分で到着です。

 

さらに、乗り換えてNaplesへ。こちらの路線も1時間40分で到着です。

街の色がイタリアっぽい!と勝手に盛り上がりました!

f:id:syhuniti111:20170821235930j:plain

 

今日の宿泊先は、ナポリ近郊の街「ソレント」です。

空港からホテルまではあらかじめ予約しておいたタクシーで向かいます。

ドライバーさんが途中で撮影タイムを作ってくれたので、パチリ。

f:id:syhuniti111:20170822000151j:plain

 

宿泊先は、Hilton Sorrento Palaceでした。

広いベランダからは、ソレントの街、海と対岸のナポリ、ベスビオス山など素晴らしい景色と開放的な雰囲気が楽しめる高台のホテルです。

f:id:syhuniti111:20170822000430j:plain

 

f:id:syhuniti111:20170822000612j:plain

 

ソレントの街をゆっくり散策したい気もしますが、長距離バスに乗りアマルフィへ。

車窓からの眺めにテンションが上がります…が、カーブの多い道のりなので酔ってしまう人もいるかも。

f:id:syhuniti111:20170822000741j:plain

 

アマルフィ

ずっと見たかった景色が目の前に広がり、一気に幸福感に満たされます。

f:id:syhuniti111:20170822001104j:plain

 古い街並みとカラフルな色使いが融合した素敵な街でした。

f:id:syhuniti111:20170822001428j:plain

再びバスに乗り、ソレントへ戻り夕食に出かけました。

 

まずはビールで乾杯。

カジュアルなレストランでしたが、前菜・パスタのレベル高い!

そしてワインが安い!白ワインをボトルで、赤ワインをグラスでいただきましたが、コスパの良さに感服。

f:id:syhuniti111:20170822001515j:plain

大満足の一日でした。

 

次回へ続きます。

南イタリアへの旅 出発&London編

 

一週間ほどの日程で南イタリアを旅してきました。

仕事の都合をつけ休暇を確保していましたが、夫から旅行決行を告げられたのは、

出発の三日前!徹底的に現地をリーサーチしたいのに時間がない!

とりあえず、「地球の歩きかた」と「スマホ」を握りしめて出発です。

 

旅の行先は、ザックリと言うとナポリシチリア島です。

出発は羽田から、ロンドン経由ナポリを目指します。

 

機内ではシャンパンとワインをいただき、いつしか夢の中へ・・・・・。

f:id:syhuniti111:20170820234035j:plain

羽田での出発時間が遅れたのですが、挽回して定刻にLondon Heathrow空港へ到着しました。

時刻は16時過ぎ、今夜はHeathrow空港第四ターミナルに直結しているHilton London Heathrow Airportに一泊します。

「直結」は事実ですが、屋根付きの連絡通路を10分ほど歩く必要があります💦

f:id:syhuniti111:20170821014302j:plain

 

開放感・清潔感のある心地よいホテルです。

f:id:syhuniti111:20170820234204j:plain

 

チェックイン後、夕食をとるため地下鉄で出かけました。

翌日は早朝6時のフライトのため、中心部までは行かず、Heathrow駅からほど近い駅で下車してみました。

 今まで降りたことがない小さな駅です。

 f:id:syhuniti111:20170820234906j:plain

 

駅から5分ほど歩いたこちらのお店で夕飯をいただきました。

f:id:syhuniti111:20170820235151j:plain

 ベタですが、フィッシュアンドチップスとバーガーをビールとともにいただきます。

f:id:syhuniti111:20170821174858j:plain

初めてロンドンを訪れたのは25年ほど前ですが、当時と比べるとおいしくなったな~というのが正直な感想です。

 

もう一軒立ち寄りたいところですが、この夜は欲張らずに明朝のフライトに備え早く休みました。

次回に続きます。

幸せです、マンゴーづくし

我が家に、ほぼ同日に3箱のマンゴーが届きました。

ふるさと納税の返礼品です。

ありがとうございます。

 

今回は、鹿児島県伊仙町さん(徳之島)沖縄県八重瀬町さん(沖縄本島)沖縄県伊江村さん(本島からフェリーで10分の伊江島)から戴きました。

f:id:syhuniti111:20170807205050j:plain

 

私にとって、マンゴーはKING OF FRUITS 、フルーツ界の王様なのです。

家にマンゴーがあると思うと心が躍ります

さすがに、3箱目が届いた時には「え?」と思いましたが、ありがたいことです。

 

マンゴーのコンディションが良い状態で届けてくれるので、ほとんどのマンゴーが完熟しています。全部で15個

迷ってる暇はなく、実家や近所の友人におすそ分けして助けてもらいます。

 

そして、私も早速いただきます。

夕飯の量を減らしても、全種類食べたいのです。

それぞれ、形も大きさも異なります。

f:id:syhuniti111:20170807205501j:plain

 

味はというと…

一番甘みを強く感じたのは八重瀬町アップルマンゴーでした。

あまーい!しかも、甘酸っぱい香りが際立っています。

徳之島のマンゴー伊江村のマンゴーも大変甘くておいしいのです。

ほのかな酸味が加わってバランスの良い上品な甘みになっています。

味の好みはあると思いますが、それぞれの良さがあり順位などつけられません。

 

と言いつつ、先日、台湾産のアップルマンゴーをおいしくいただきましたが、やはり、沖縄産のほうが甘みや香りの高さでは優位でした。

大好物の食べ比べを経験できて幸せです。   

 f:id:syhuniti111:20170807210242p:plainf:id:syhuniti111:20170807205900p:plainf:id:syhuniti111:20170807210107p:plain

 

 

                          

 

 

 

 

 

 

 

未読の本を発見 一気読みしたさだまさし氏の作品

先日、自宅の本棚がパンパンになっていたので整理をしました。

 

電子書籍が便利なことがわかっていても、紙ベースの「本」が好きです。

小説を読む場合、電子書籍だとなぜかストーリーが頭に入りにくく、感情移入ができません。

 

目的がなくても書店に立ち寄り、新刊などをパラパラめくって斜め読みすることが好きです。Amazonでレビューを読みながら「ポチッ!」とするのも好きです。

ついついまとめ買いしてしまい、読まずに本棚に置き去りにしてしまうこともしばしばで…。

そんなこんなで、本棚が定員オーバーとなっていたので整理をしたところ、

 

「いつ買っただろう?」「私が買ったのか?」「誰かに借りて読まなかった本?」など、購入した記憶がない本がゴロゴロでてきました。

 

その中に、面白くて休日に一気読みした本があります。

タイトルはアントキノイノチさだまさし氏の作品です。

シンガーソングライターのさだ氏です。

お若い方はあまりご存じないかもしれませんが…とにかく面白かったのです。

2009年に出版され、岡田将生君主演で映画化されたそうです。

f:id:syhuniti111:20170803210010j:plain

 

物語は、主人公が高校時代に精神を病んでしまう流れと、現在、遺品整理業という職に就き成長していく姿がパラレルに展開していくというものです。

主人公の心の機微や魅力的な登場人物にすっかり引き込まれました。

それにしても、遺品整理業という重い題材を取り上げたさだ氏、かなりリアルな描写が多かったのですが、取材にも注力したのでしょう。

根底に重い題材が敷き詰められているのだけれど、文章から温かみが感じられ、読後の心がじんわりするような充足感が大きかったです。

 

作品を読みながら、そういえば以前、さだ氏の他の作品解夏」「眉山を読んでファンになったのだと思い出しました。

よって、この本を買ったのは紛れもなく私でした。

 

 

 

 

 

 

築地で仕入れた食材でプチホームパーティ

先週末、夫と築地市場に買い物にでかけました。

いつもながら、築地市場は早朝から活気づいていました。

 

朝食目当ての来場者の皆さんをうらやましく思いながら、場内市場へ直行です。

お目当ては、やはり魚介類です。

夫が希望していたカツオ・ヒラメ・きんき・ホタテ貝・きんきを購入。

持参した保冷バッグに収めて市場内を移動します。

f:id:syhuniti111:20170731155918p:plain

  

青果だって気になります。

山梨産の桃と台湾産のアップルマンゴーgetしました。

買って大正解!本当に甘みがしっかりと感じられ、おいしい🍑

f:id:syhuniti111:20170731160417j:plain

欲しかった鮫皮おろし。

我が家の鮫皮は小さく使いづらかったので、うれしい!

わさびはお刺身にはもちろん必須ですが、お蕎麦もおいしくしてくれます。

わさびが大きいので、おろしが小さく見えます。

f:id:syhuniti111:20170731160521j:plain

 

二人で食べるには量が多いので、友人夫妻を招いて手伝ってもらうことに。

 

お魚をおろすのは夫の役割です。

写真のお刺身は、三分の一です。

夫のこだわりで、鮮度が落ちないよう何度かに分けておろしてテーブルに並べます。

マメだ、お疲れさまです。

f:id:syhuniti111:20170731160613j:plain

 

キリッと冷やした白ワインがよく合います。

f:id:syhuniti111:20170731175308j:plain

 

 

これも、市場で買った「すだち」。

ヒラメやホタテの味を引き立ててくれます。

f:id:syhuniti111:20170731175423j:plain

 

 きんきの煮つけ。

うろこをとって、内臓を出してと少々面倒でしたが、我ながら大変よいお味に。

魚の質が良かったのかも。

f:id:syhuniti111:20170731160929j:plain

 

そして、すき焼きへと移ります。

同時に赤ワインへとチェンジです。

f:id:syhuniti111:20170731161006j:plain

 

男性陣はカツオのづけ丼も。

f:id:syhuniti111:20170731161055j:plain

 

食べすぎだよねーと言いながら、ワインもすすみ、深夜まで酒盛りは続きました。

よい週末となりました🍷

 

おいしいだけじゃない、桃は果物界の女王です

f:id:syhuniti111:20170729135758j:plain

我が家にがやってきました。

ふるさと納税の返礼品として、島根県浜田市さんよりいただいたものです。

夏生まれのせいでしょうか、それとも、暑いからみずみずしい果実を欲するのかわかりませんが、夏の果物が大好きです。

マンゴー、さくらんぼ、パイナップル、スイカ、メロン……そして、何といっても桃。

見た目もかわいらしく、私にとっての果物の女王です。

ちなみに果物の王様はマンゴーです。

 

かわいらしい佇まいで鎮座しています。そのように見えます。

f:id:syhuniti111:20170729135923j:plain

食べごろには若干早いようなので、一日様子をみることに。

冷蔵庫に入れると、糖度が落ちてしまうので、家の比較的涼しいところで追熟させます。

一日寝かせたところ、桃のお尻の部分の青みがかった色が乳白色へと変化していました。

香りも甘い香りが強くなったと感じられます。

冷蔵庫で少し冷やしていただくと、うん、甘い!

とってもジューシー、食べごろとなっていました。

桃の産地といえば、山梨県福島県山形県など東日本のイメージが強かったのですが、今回は初めて島根県産の桃をいただきました。

少々小ぶりな桃のようですが、今年は出来が良かったそうで糖度は13度、まずまずです。

みずみずしさと適度なあっさりとした甘みが感じられ、おいしいです。

 

 

桃には、食物繊維の一種のペクチンが含まれ、腸内の乳酸菌を増やし、腸の調子を整える効果があるそうです。

また、ペクチンにはコレステロール値を下げる、血糖値の上昇を抑えるなどの効能もあります。

さらに、ミネラルの一種、カリウムも含まれ、体内の余計な塩分を排出する働きがあり、血圧の安定、むくみの解消に効果があるそうです。

これって、おいしく食べてデトックスできるってこと?

おいしい・かわいいだけじゃなかった桃、ますますファンになりました。

                                                     f:id:syhuniti111:20170729140117j:plain