Himself a housewife

普通の主婦が日々のこと(お出かけやショッピング、料理や日常のことなど)をマイペースに書いてます♪

庄内産ひとめぼれの新米をいただく、日本って素晴らしい。

我が家にようやく新米がやってきました。

ドーン!と20キロです。

我が家は何かの合宿所か?

f:id:syhuniti111:20171023235046j:plain

 

今回は、山形県三川町ふるさと納税の返礼品でいただきました。

銘柄は、山形県庄内産ひとめぼれ 特別栽培米です。

特別栽培米ってなんだろうと思い調べてみると、その農産物を栽培している地域の慣行栽培と比べ、化学肥料の窒素成分使用量が50%以下、農薬の使用剤数が50%以下で栽培されたお米だそうです。

なにやら、体にも良さそうです。

 

さっそく炊いてみました。

つやつやで、見た目からもおいしさが伝わってきます。

一口食べた感想は、弾力があり粘りがある

そして、甘みもしっかり感じられます。

ご飯だけで充分おいしいのですが、我が家にあるご飯のお供と合わせ、食べ比べてみました。

 

 

まずは、明太子

 f:id:syhuniti111:20171023235703j:plain

 

野沢菜

f:id:syhuniti111:20171023235951j:plain

 

ふりかけ(熊本産 御飯の友)

f:id:syhuniti111:20171024000303j:plain

 

梅干

 

f:id:syhuniti111:20171024000359j:plain

どれも相性は抜群、少し塩気が加わるだけで甘みがぐっと引き出されます。

まさにお箸が止まらない事態に陥りました。

御飯はお茶碗に軽く盛り付けましたが、一気に四膳ペロリといただいてしまいました。

今の時期にしか味わえないと思うと、食べ過ぎても仕方ないかな。

ご飯がおいしいと、特別なおかずは要らないと改めて思い知らされました。

 

日本にはおいしい食材がたくさんありますが、このお米を食べ、日本の素晴らしさを再認識しました。

日本に生まれて本当によかった

 

おいしいものはおいしいうちに。

早めに親兄弟におすそ分けしに回りたいと思います。

 

 

 

 

悪天候のため予定変更、GYAOに没頭する週末です。

全国的に雨が続いています。

この週末は久しぶりに登山にでかけようと予定していましたが、週間天気予報で悪天候が告げられていたので早々に中止に。

夫も出張で来週半ばまで不在です。

こんな週末は、家にこもって徹底的にだらだら過ごそうと決め込みました。

だらだら生活の相棒は、動画配信サービスのGYAOです。

https://gyao.yahoo.co.jp/

 

GYAOでは、テレビ放送中のドラマやアニメ、人気アーティストのライブ、ハリウッド映画・日本映画に海外ドラマ、 韓国 ドラマなどを視聴できます。

視聴の仕方は、①無料の範囲のもの、②毎月定額料金を支払いプレミアムGYAOの会員となり動画が見放題となるもの、③GYAOストアで好きな動画を購入するもの、以上の3パターンがあります。

 

GYAOの中で私がはまっているのはキャッシーのBIG-Cというアメリカのドラマです。

数年前に、NHKプレミアムでも放送していたようです。

ストーリーは、主人公の40代の高校教師のCathyがガンを宣告され、悩み・壁にぶつかりながらも家族とともに前向きに明るく生きていこうとする姿を描いたドラマです。

BIG-Cとは、英語のスラングcancer、つまりガンのことだそうです。

主人公の名前Cathyにも掛けているのかもしれません。

このドラマ、登場人物が実に興味深い。

破天荒気味な主人公Cathy少し頼りないけれどおちゃめで優しい夫反抗気味な高校生の息子統合失調症の兄同居することになった教え子のアンドレとそれぞれが強い個性の持ち主で、視聴者を厭きさせません。

根底にはガン・限りある生命など深刻なテーマが敷かれているにもかかわらず、泣けて笑えるドラマティックな展開に引き付けられます。

 

おかげで、寝不足・カロリー過多・運動不足・の週末となっています💦💦💦

シーズン1~シーズン4までありますが、見終わらないと何も手につかない予感がしています。こんな週末もありかな。

 

 

長雨の憂鬱をHUNTERのレインブーツで軽減

秋の長雨(あきのながさめ)という言葉がありますが、最近はいくらなんでも長すぎる気がします。

しかも、台風が接近していることもあり、私が住む東京では来週の中旬まで雨模様になると予報が出ています。そもそも、秋の長雨は夏の終わりの九月に起きる気象現象を指す言葉なので、今の時期には適さない言葉かも。

 

こどもの頃から、雨は嫌いです。

理由その1 傘を持たなくてはいけない

  その2 服や足元が濡れ不快

  その3 髪型が崩れる

  その4 洗濯物が乾きにくい

  その5 行動が制限される(登山などの予定が中止になる) などなど

 

もちろん雨が降らなければ困るのですが、雨降りの日はなんとなくどんよりした気分になりがちです。

そんな雨降りの日の強い味方は、レインブーツです。

私が今一番愛用しているのはHUNTERのレインブーツです。

子ども時代を除いた私のレインブーツ購入歴は、HUNTERAIGLEHUNTERとなっています。

 

愛用中の二代目HUNTER

f:id:syhuniti111:20171019212221j:plain

 

AIGLEのレインブーツも履きやすく好きなのですが、しっくりくるのはHUNTERのレインブーツです。

HUNTERのレインブーツは足首周りが適度にシェイプされたデザインとなっていて、足元がボテッと重くならないところが気に入っています。

デザインだけではなく、フィット感があり、歩きやすいのです。

 

天然のゴムを使用しているので、表面に白い物質が浮き出てきます。

汚い・・・。

f:id:syhuniti111:20171019212401j:plain

 

これは、天然ゴムが自ら膜を張り劣化を防ごうとする現象だそうです。

専用のケア用品で簡単にきれいにすることができます。

私のレインブーツはパール仕上げのタイプなのでこちら。

f:id:syhuniti111:20171019212446j:plain

 

きちんとお手入れして長く愛用したいものです。

 

長く続けずっときれいが期待できる、ルナハーバルサプリメント

40代ともなると、友人たちとの集まりで一番盛り上がる話題は

美容・健康に関するものです。

みんなそれぞれが新しいネタを持っていて、情報交換が始まります。

 

たくさんの情報の中で私が大注目したのが、

ルナハーバルサプリメントです💊

 

プエラリア・ミリフィカという女性らしいメリハリのあるボディを作ると話題の成分が入ったサプリメントです。

https://c.ho-br.com/shopping/lp.php?p=luna_11b&adcd=5usptr9nfst

 

そもそも、プエラリア・ミリフィカって何?と思い調べたところ、タイ北部やミャンマーの山岳地帯などに自生するマメ科クズ属の植物で、女性ホルモンに似た作用を持つ植物性エストロゲンイソフラボンが含まれており、含有量は大豆のほぼ40倍にもなるそう。

 

植物から採取した成分なら安心して飲めそうですが、プエラリア・ミリフィカ効果が高いだけに摂取しすぎると副作用が出る場合もあるようです。

けれど、このルナハーバルサプリメントは、タイのカセサート大学の研究成果を反映した製品を使用し、含有量についても100mgと過剰にならないよう配慮されているので安心です。

 

そして、このサプリの最大の特徴は、生理日をもとに自分の体のサイクルに合わせて2種類のサプリを飲み分けること。

購入時にもらえるLUNAダイアリーをつけ、必要な要素を適切なタイミングで体内に届け効果を高めるのです。

 

さらに、ハリを与えてくれるエスラチンや、皮膚や粘膜の健康を助けてくれるビオチンも配合されていて、美容効果が期待できそうです。

 

そして、気になるお値段も良心的。

通常価格8,980円ですが、先着の定期モニターに申し込めば、初回1,980円・2回目以降は5,960円とお手頃なのです。

良質のサプリメントでも長く続けなければ意味がありません。

このぐらいの価格なら長く続けられ、ずっときれいでいられそうです💋💋💋

 

川越祭りは、今年も元気に開催

埼玉県の川越祭り行ってきました。

川越祭りは、毎年10月の第二土曜日と日曜日の二日間

開催される関東では大規模なお祭りです。

14日土曜日に行ってきましたが、曇り空でたまに小雨がぱらつく悪天候。

けれど、人出は例年並みの大盛況ぶりでした。

 

友人達と川越駅で待ち合わせし、ブラブラと祭りの場へと進みます。

駅を出るとすぐに露店が並んでいて、様々ないい香りが漂っています。

 

私たちはまずドリンクを調達。

川越の地ビール「coedo」派と日本酒派に分かれます。

f:id:syhuniti111:20171015195619j:plain

 

ドリンクを片手に通りを進み、

お約束の「萩原牛豚精肉店」の自家製ソーセージいただきます。

お祭り限定なので毎年楽しみにしています。

f:id:syhuniti111:20171015201550j:plain

 

牛肉の串焼き・お好焼き・たこ焼きなどお祭りの定番を

つまみながら進むと、山車に遭遇!

f:id:syhuniti111:20171015200502j:plain

いくつもの山車を鑑賞ながらもお土産をゲットします。

 

老舗和菓子店・亀屋のこがね芋

白いんげんで作られた白あんとシナモンが絶妙なおいしさです。

f:id:syhuniti111:20171015200642j:plain

 

漬物屋でごぼうの漬物と梅干

これだけで一キロ越え。重いけど頑張ります。

f:id:syhuniti111:20171015200844j:plain

 

三時間近く散策し、足が疲れてきたので店に入ります。

今宵は、もつ鍋などをつまみながら怒涛のトークタイムです。

しゃべり倒したため、写真撮影を忘れる。

f:id:syhuniti111:20171015201011j:plain

 

この川越祭りは、友人たちと20年程通っています。

お祭りでしか会えない友人もいるので貴重な再会の時間でもあるのです。

また来年もみんなで元気に会おうね。

 

夜の幻想的な山車を眺めながら帰宅の途につきました。

f:id:syhuniti111:20171015201048j:plain

 

 

 

御徒町バクロウ、馬肉とフレンチシェフの料理が楽しめるお店

御徒町にある「バクロウ」へお邪魔しました。

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13138118/

馬肉料理とフレンチ出身のシェフならではのお料理が楽しめるお店です。

 

まずは、エビスビールで乾杯。

ビールは2サイズ、迷わずグランデをオーダー。 

f:id:syhuniti111:20171014010425j:plain

 

馬刺し

赤身を注文。

盛り合わせもあるのですが、肉は赤みが一番おいしいと思う今日この頃。

選択に間違いなかった。馬肉の甘さを感じます。

 

f:id:syhuniti111:20171014010631j:plain

このあたりでイタリアの白ワイン🍷を一本投入!

調子が上がってきた。

 

キャロットラペ

シンプルだからこそ 、難しい。お味・食感とも完璧。

f:id:syhuniti111:20171014010827j:plain

 

海老のアヒージョ

バケットが付いてきますが、ガーリックトーストを追加。

いくらでもバケットを食べられてしまいそうで怖い。

f:id:syhuniti111:20171014010950j:plain

 

とり白レバーのペースト

見た目も美しい。小さめサイズがちょうどよいです。

f:id:syhuniti111:20171014011049j:plain

 

チリ産の赤ワイン🍷をさらに追加。

今日は体調がよい。

f:id:syhuniti111:20171014011146j:plain

 

馬肉ハンバーグ

表面はしっかり焼き目…というより焦げ目がついています。

しっかり焼いて、肉汁を閉じ込めています。

ソースもおいしい。さすがフレンチのシェフ。

f:id:syhuniti111:20171014011231j:plain

 

フォアグラのクレームブリュレ

やはりフレンチの流れを汲んでいます。

文句なしにおいしいです。

f:id:syhuniti111:20171014011339j:plain

 

馬肉の燻製の盛り合わせ

写真を撮り忘れましたが、マイルドな燻製です。

燻製に関しては自家製ではないと裏話も聞けました。

 

パスタや手まり寿司などもおいしそうでしたが、

ここで満腹中枢がアラームを鳴らしました。

 

またお邪魔したいお店のひとつとなりました。

 

 

 

 

 

震災から一年半経った熊本で思うこと。

f:id:syhuniti111:20171010190831g:plainf:id:syhuniti111:20171010190925g:plain

所用で熊本に行ってきました。

熊本は父の故郷で、幼いころから親しみのあるところでしたが、

かなりご無沙汰してしまい震災後初めての訪問となりました。

 

この旅で、被災した方々とお話する機会があり、胸の内をうかがうことができました。熊本地震は火災や津波の被害が少なかったため、淡路や東北の震災よりも軽んじられてしまうことがあり、そのことが新たな心の痛手となってしまうそうです。

実際は震度7地震が2度起こり、今なお続く余震は4,200を超えています。

震災当時はライフラインが使えなくなり、道路が遮断されたため救援物資が届かない日が幾日も続きました。余震が怖くて、避難所にいることができず、車中泊の生活を続けていた方もいます。

このような恐怖と不安と不便さの中で大きなストレスを抱え、健康を害する方もたくさんいらっしゃいます。

このような状況を目の当たりにした被災者の方に、被害を軽視するような心無い一言は決して言ってはいけない事です。

被災経験者の方は、笑顔を交えながら話してくれましたが、マスコミを通さない生の声は胸に迫るものがありました。

「決して対岸の火事ではない」

心から応援したくなる気持ちでいっぱいになりました。

 

 

熊本県のシンボル「熊本城」天守閣にかけられたクレーン車。

一日でも早く取り外されることを祈ります。

f:id:syhuniti111:20171010191803j:plain

 

街のあちらこちらにスローガン。

熊本弁に胸を打たれます。

 f:id:syhuniti111:20171010192038j:plain

心ばかりの復興支援。

ラーメン&ふりかけのセットを親しい友人たちのお土産に。

f:id:syhuniti111:20171010192144j:plain

 

変わらぬおいしさ「いきなり団子」。

また、食べに行きます。

f:id:syhuniti111:20171010192338j:plain