Himself a housewife

普通の主婦が日々のこと(お出かけやショッピング、料理や日常のことなど)をマイペースに書いてます♪

知ればなおおいしく楽しい、中嶋農法で作られたトマト

以前、こちらのブログで築地市場で購入したトマト🍅が美味しいと紹介したことがあります。

今回は、そのトマトについて少しお話をさせていただきます。

 

私が購入し、そのおいしさ故にすっかりファンとなってしまったトマトは、

熊本県のJAやつしろ郡築園芸部より出荷されているものです。

f:id:syhuniti111:20171123001552j:plain

 

こちらのトマトは中嶋農法という栽培方法で育てられています。

中嶋農法とは、理学博士中嶋常允氏が提唱する栽培方法で、土壌診断を基本にした土作りと生育コントロール技術を駆使し、おいしくて安全な農産物を作る農法だそう。

 

もう少しかみ砕いていうと、①土壌診断をもとに、綿密な施肥を行い、作物が育つのに最も適したバランスのよい土壌作りをする、②植え付け後の作物は、常に育成状況の観察と葉面散布剤等を持ち入り、栄養バランスを調整しながら正常な育成状態をキープする。こうすることで、栄養をたっぷり吸収したおいしくて質の良い作物ができるそうです。

でも、葉面散布剤って、なんだか体に悪影響を及ぼすのでは?と疑ってしまいますが、中嶋農法で使用するものは、有機成分であるリン酸やアミノ酸であるポリリン酸など配合した安心・安全な中性の商品で、人体に悪さをすることはないそう。

ちょっと難しいのですが、安全性は保障されているとのことです。

 

こうして、大切に育てられた箱入り娘のようなトマトは本当においしいのです。

甘味がしっかりとあり酸味とのバランスも良くコクがあります。

フルーツトマトとはまた違う、優しい味がします。

f:id:syhuniti111:20171123001735j:plain

 

しかもモチが良く、築地市場で購入するときには真っ赤に熟れているのに冷蔵庫に保管しておけば少なくとも1週間は鮮度も風味も変わりません。

 

ただ食べるだけでなく、食の安全性を知るとなおさらおいしく感じられそうです。

 

築地市場へ買い出しに早朝から色々楽しめます。

2週間ぶりに夫と築地市場へ買い出しに行ってきました。

土曜日の東京は今年一番の冷え込み

そんな中、私達は夜が明けきらない5時半に家を出発、6時には築地市場に到着していました。冬の到来を感じずにはいられない朝の冷え込みです。

 

私達は場内市場へ向かいます。

たくさんのターレーが多方向にキビキビと走っています。

それにしても、ターレーに乗っている男性達はカッコイイです♥

働く男、無駄のない動き、正確なドライビングテクニック・・・、うーん、素敵です。

実際、こんな本も出版されているようです。

f:id:syhuniti111:20171119000604j:plain

 

働いている素敵なお兄様たちの邪魔にならぬよう細心の注意を払いながら、魚市場と青果市場でお買い物を済ませました。

 

さてお楽しみの朝食タイム。

本日は場外市場にあるやじ満さん。

東京ラーメンのお店です。

寒い時期には本当にありがたい一杯です。

こういうシンプルなラーメンが食べたかった~。

f:id:syhuniti111:20171119001417j:plain

 やじ満

https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13045228/

 

 

帰りがけに大好きな茂助団子も忘れずにゲット

f:id:syhuniti111:20171119001004j:plain

茂助だんご

https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13002331/

 

 

本日購入した海鮮物は、

カナダ産本マグロ&ヒラメ

f:id:syhuniti111:20171119001149j:plain

ホタテ&ボタン海老

f:id:syhuniti111:20171119001654j:plain

アジ&イワシ

写真ではわかりにくいですが、かなり大きく成長してます。

f:id:syhuniti111:20171119001805j:plain

 

家に着く、急に睡魔が襲ってきました。

まだまだ10時前。ちょこっと昼寝し、夜の食事に備えます。

 

今宵も友人夫妻を招いてホームパーティという名の飲み会へ。

食べて笑って、とてもリラックスした良い週末となりました。

寒かったけれど、早起きしてよかった。

 

 

 

 

常連化決定、五反田・火鍋専門店ファイヤーホール4000

東京・五反田にある火鍋専門店ファイヤーホール4000

に友人と行ってきました🔥🔥🔥

赤坂四川飯店などで料理長を務めた菰田欣也さんのお店です。

 

私たちがオーダーしたのは、火鍋ベーシックコース(3500円・税抜き)。

火鍋のベースとなるスープは白湯スープ麻辣豆板醤スープの二種類を楽しめますが、プラス500円で白湯スープをお勧め&人気の肉骨茶スープ(バクテースープ)に変更しました。

f:id:syhuniti111:20171116134304j:plain

 

前菜として、ザーサイとウズラの卵が!食のスイッチが入ります!

f:id:syhuniti111:20171116134151j:plain

 

コース内容は、豚肩肉・外もも肉・レバー・ハツ・タン元・新鮮野菜盛り合わせ・特製肉団子・豆腐セット・締めの麺デザート(ゴマ団子・ミニ杏仁豆腐)です。

 

f:id:syhuniti111:20171116134418j:plain

すべての食材をそれぞれのスープで食べ比べてみました。

バクテースープは食材を優しく包み込みこむような印象、片や麻辣豆板醤スープは食材に絡んでくるような印象を受けました。

辛い物好きの私は、麻辣豆板醤スープのほうが好みでしたが、こちらのスープは辛味を抑え旨味とコクを感じられる上質なスープのお味で後を引くおいしさでした。

野菜とお肉のうまみが放出されたスープで締めの麺をいただきましたが、間髪入れずに追加オーダーをしてしまうほど。病みつきになります。

 

デザートのゴマ団子とミニ杏仁豆腐を口に運び、さらに悦に入る私達でした。

f:id:syhuniti111:20171116134506j:plain

好奇心でマンゴーかき氷を追加オーダーし、大満足の中火鍋ナイトは終了しました。

f:id:syhuniti111:20171116134540j:plain

これからますます寒くなるので、確実に常連化してしまいそうな予感がします。

 

ファイヤーホール4000

http://www.firewhole.jp/

サイアムヘリテイジ東京でランチビュッフェ、甘辛を十分堪能しました。

週末に友人とタイレストランでランチをしました。

場所は丸の内、新丸ビル6階のサイアムヘリテイジ東京です。

大の辛党&甘党の友人を誘い、目指すはランチビュッフェです。

ビュッフェ形式の食事なので、90分という時間制限がありますが、

私たちは食べログのクーポンを使い120分に延長できました。

 

入り口付近は照明を抑えめにした落ち着いた雰囲気ですが、奥の客席に進むと一転、

大きな窓から光が差し込む開放的なスペースとなります。

f:id:syhuniti111:20171114105614j:plain

 

料理は約10種類、デザート3種類でした。

温かいお料理はすべて保温された状態で提供されています。

f:id:syhuniti111:20171114105701j:plain

 

 ブッフェというだけで、気持ちが焦ってしまい、盛り付けの雑なこと。反省です。

f:id:syhuniti111:20171114105732j:plain

 お料理は、ガパオ・ヤムウンセン・パッタイ・トムヤンクン・グリーンカレーレッドカレーなど代表的なものが並んでいました。

タイ料理で大切な、辛み・甘み・酸味・塩味のバランスがよく、ただ辛いだけのタイ料理ではなくおいしいです。

個人的には、もう少し辛い方が好みですが🔥🔥🔥

トムヤムクンは、エビやフクロ茸がたっぷり入っていて、おいしい。

グリーンカレーは、柔らかいチキンがたっぷり。

f:id:syhuniti111:20171114105901j:plain

 

デザート3種は、マンゴーピューレを使ったマンゴープリン、ココナッツミルク入りのタピオカ、小豆&もち米&ココナッツミルクが入ったタイ風のぜんざいでした。

辛いお料理の後のスイーツは格別です。

f:id:syhuniti111:20171114105939j:plain

 

またお邪魔したいお店のひとつです。

  

サイアムヘリテイジ東京

http://www.blueceladon.com/Siam_Heritage_Tokyo.html

 

 

 

 

早起きは三文の徳?おいしいものを求め築地市場へ。

今年最後の三連休の中日、夫と築地市場に行ってきました。

 市場につくと、何はともあれ場内市場を目指します。

 

今回ゲットしたのは、

マグロ(カナダ産・800グラム)

ご主人曰く「三日目ぐらいがトロっとしておいしい」と。

確かに、購入した翌日の方が旨味や甘みが際立っていました。

 f:id:syhuniti111:20171106152515j:plain

 

ヒラメ

食感がたまらない。あえて厚めに切りました。

ポン酢でも、塩とわさびとシークワーサーと合わせても良し。

f:id:syhuniti111:20171106152604j:plain

 

筋子

今年の購入は何回目だろう。約550グラム。

f:id:syhuniti111:20171106153000j:plain

醤油漬けにし一晩おくとパンパン・キラキラに変身。

食べ過ぎてしまうのは想定内。

f:id:syhuniti111:20171106153034j:plain

 

うなぎ(愛知県産)

一尾は蒸した後に焼き、関東風の白焼きに。

もう一尾は、そのまま網焼きにして関西風でタレとともに。

どちらもふっくらとして良いお味。肝吸いもおいしくできました。。

f:id:syhuniti111:20171106145348j:plain

 

 トマト

築地市場は、青果も新鮮でいいものが揃っています。

普段スーパーで購入するトマトは夏場に比べると値段があがり、あまりおいしくないと思っていましたが、この熊本産のトマトは味が濃く身もしっかりしていて驚きました。

1ケース20個入りで2000円はお買い得。

f:id:syhuniti111:20171106151554j:plain

 

一通り買い物をし、遅い朝食をいただきます。

今回は、場内にある「鳥藤」さんへ。

老舗の親子丼のお店です。

私は、こちらの塩味の親子丼が好きです。

割り下が濃厚な鶏スープということで、おいしくないわけがない。

鶏のプリっと感や卵の火の入り方、すべて100点です。

f:id:syhuniti111:20171106152145j:plain

夫は水炊き定食

濃厚鶏スープが空の胃袋にしみわたり、一気に幸福な気分になれます。

f:id:syhuniti111:20171106152218j:plain

 

車で自宅に戻ってもまだ午前中です。

早朝から行動すると、一日が長く有効に使えていいものです。

 

 

乾燥性敏感肌の救世主、リペアジェルに出会いました

私の肌はさほど敏感ではないのですが、空気が乾燥する季節などは肌がかさつき荒れてしまうことがあります。

いわゆる乾燥性敏感肌なのですね。

乾燥性敏感肌とは、肌の乾燥が原因で敏感肌となって様々なトラブルを起こしてしまう状態のことです。

私は、肌に赤味かゆみがでてしまうので悩みの種です。

 

そんな私にも、リペアジェルオールインワン美容液という救世主に出会いました。

https://www.risou.com/cp/rgt164/index.aspx

正直なところ、オールインワン化粧品はあまり信用していませんでした。

手抜きのような気もするし、配合されている成分が多すぎて不安な部分もありました。

けれど、私の気持ちを変えた大きな要因は、このリペアジェルが美容雑誌だけではなく医学誌にも掲載され高い評価を得たということです。

ビタミンC生命体コメ発酵生命体というオリジナルの美容成分が美容効果に有効であると認められたのです。

また、肌への刺激も気になるポイントでしたが、防腐剤や香料など化粧品に使われがちな8つの化学物質を使用せず、すべて植物由来のもので作られているという点で安心できました。

 

何だか良さそうだけれどここは慎重に、と初めはリペアジェルとリペアウォーターのトライアルキットを購入し使用したところ、一週間ほどでかさつきは治まり、肌が元気になったと実感できました。

使用感がとてもよく、ジェルにありがちなダマになってしまうこともありません。

 

トライアルキットは定価8000円のところ、75%オフで1980円と手を伸ばしやすい価格です。2週間たっぷり使え、しっかり効果を確かめられるので安心です。

f:id:syhuniti111:20171104154913j:plain

 

夫に感謝の夕べ、でも夫はダウン

先週、夫が出張先の米国から帰国しました。

お土産は、ワインとはちみつ。

f:id:syhuniti111:20171031205652j:plain

 

我が家では、夫からのお土産の定番はワインとはちみつとオリーブオイルとなっています。

特にリクエストしたわけではないのですが、私のリアクションや食生活を見て夫が判断してくれています。なかなか良い読みです。

夫に洞察力があるのか、私が単純なのか、ド·ストライクな選択でありがたいです

 

米国から帰国した翌日、夫は国内数県を巡る出張へでかけてしまいました。

そして、最終目的地仙台で市場に立ち寄り、お土産を携えて帰宅しました。

おつかれさま。食べて飲んで早く休んでね。

 

ということで、早速夕食です。

 

中とろのまぐろ

かなりおいしい。

f:id:syhuniti111:20171031205807j:plain

タラの白子

甘み強し、濃厚な味わいです。

f:id:syhuniti111:20171031205844j:plain

筋子

醤油漬けにします。

なかなかのボリューム。

コレステロール値上がっても仕方ないか。

f:id:syhuniti111:20171031205954j:plain

 

今夜のおつまみに合わせるのは、やはり夫のお土産のワイン、

WILLIAM HILL CHARDONNAY 2007 です。

f:id:syhuniti111:20171031210426j:plain

酸味は強くなく、フルーティーな味と香りがしっかり感じられます。

以前、同じ銘柄の若いワインをいただきましたが、もう少しあっさりしていたように記憶しています。

今回の2007年は熟成により、まろやかさとふくよかさが増しているようでおいしく感じられます。

和食にも合います。

 

少し温かい料理が欲しくて、鶏肉のトマト煮。

ちょっとふくよかなワインなので相性は良いようです。

f:id:syhuniti111:20171031210325j:plain

 

ワインが徐々に体に浸透し、夫の出張話で盛り上がっていたのですが、夫が急な睡魔に襲われダウン。

締めの料理を食べずに退場となりました。

時差ボケ、まだ直っていなかったのよね。

本当におつかれさまでした。